高校野球とバント

素人の雑感

高校野球といえば、送りバント(犠牲バント)のイメージが強いやん。
まあ、個人的にもあまり好きな作戦ではない、ということもあるけど、あれは「常に」効果的な作戦なんやろか?

9番バッターに、バントするな!とは思わんよ。でも、長打が期待し辛い下位打線の前でバントしたとしたら、アウト二つを取られるまでに、2本のヒット(あるいは四球など)以上を期待しなければならないわけでしょ。

実力差があり、強いチームが、弱いチームに確実に勝つためには効果的なのだろうな、とは思うが…

1試合に五つも六つも犠牲バントを決めて勝ったチームを「基本に忠実だから勝てた」ような評価をする解説を聞くことがある。
でも、そもそも五回も六回も犠打を決めれるってのは、バント技術もさることながら、それだけ先頭打者が出ているわけで、一死からなら尚更のこと、犠打の後にヒットが出ているわけで…

そんなチームは、送りバントをしなくても、そもそも勝てるってことじゃない?
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
元気のもとになるポチっとをよろしく


元気のもとになるポチっとをよろしく

テーマ : 高校野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク
プロフィール

たくにぃ

Author:たくにぃ
大阪のおっちゃんです。
50代です。職業は会社員です。
なにわのロックバンド、クレイジーダイヤモンズというバンドでオルガン&ピアノ弾いてます。トイカメラもやります。酒、タバコ、コーヒー…嗜好品が好きです。
落ち着きがありません。

スポンサーサイト
最新記事
ランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

タバコ 沖縄 R&B Rock ピアニカ 鍵盤ハーモニカ 甲斐バンド スカ 三線 バント 高校野球 バンコク タイ 十三 神戸 鉄人28号 宮古島 水上マーケット 赤い風船 不協和音 サッカー Garageband トイカメラ ロモ ワールドカップ CHAR 下地勇 クリスマス・ソング インド料理 桃井かおり MacBook 無国籍料理 昭和歌謡 カバー ホームラン 野球 笑う犬の性格 R&R 松田聖子 CM カフェ 大阪福島 ロック かまやつひろし 懐メロ 邦楽 プロレス スピニング・トゥ・ホールド JAZZ ビンタ バンド シンガー 福島 音楽 教育 ルーティン コーヒー 喫茶店 ブルース ミニスカート R&B 80年代 健康 

RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード